Creation Rich on Bridge

市況解説・個別銘柄

無料メールマガジンで配信している内容をご確認いただけます。
市況の解説や翌日の注目株の情報を無料でお届けしていますので、是非ご登録ください。

2021年01月25日 更新

***************************************
【今年第一段の次回銘柄決定】

今週初めのリモート会議で全国の仕手軍団・大口
投資家・関連ファンドが参加して決定しました。

【参加者募集】 若干名

本日は安く、800円台に戻ってます。提灯筋の
古いお年をかけつつ、絶好の買い場を向かえた。
大化け!中期株価倍増!短期150円幅取り。

バイデン新大統領が誕生した。
地球温暖化を「安全保障上の重大な脅威」と定め
『パリ協定』に復帰する大統領署名をした。
新政権関連銘柄だ!大化け必至・短期急騰!
天と地がひっくり返らない限り儲かる。
早く決断した投資家がが有利だ。

【参加費用】 2万円(税込み)
有料日刊メール購読新聞3か月無料サービス

【振込み口座】

◎りそな銀行 【梅田 支店 普通口座 0481155】

株式会社 大阪総研 まで

入金を確認次第、メールまたは御電話をください。
info@abc-sohken.com 電話06 6110 0022 まで
****************************************
日経平均は、28円 ▲125円
出来高概算 12億1000万株

東京株式市場は、寄り後に日経平均はマイナスに
なったが、アジア株が総じて高く、米国先物も高く
推移しており、すぐに切り返し年初来高値を更新て
引けた。
今週からは、決算発表が相次ぐが、10-12月期の
決算は予想外の増益が多く見受けられそうだ。
個別銘柄の押し目買いだ。
****************************************
【明日の注目株】

【6779日本電波工業】 本日の終値は 785円
△81円

昨年12月2日522円から4日・8日と有料日刊メール
購読新聞にて連日の掲載銘柄だ。
詳しい材料は、有料日刊メール購読新聞にて
連日掲載中。

【3776ブロードバンドT 】 本日の終値は、474円
△21円

新政権の「デジタル庁」関連株だ。
昨年8月には209円から折にふれ掲載しておいた。
9月に入って2日352円。16・17・18日と掲載し
23日605円の連日のSTOP高を付け利益確定売り。
押し目注目と昨年末330円台から再度推奨。
詳しい材料は、有料日刊メール購読新聞にて
連日掲載中。

【200円台の大底銘柄を有料日刊メール購読新聞
にて掲載中。

【4319TAC】 本日の終値は、267円 △14円

巣ごもり関連だ。
昨年11月5日決算発表後の210円台で買い指示。
通期業績は良好でPER9倍台、PBRは0.73倍
と割安だ、年間配当も5円配当を実施している。
8月の高値250円抜けから300円を目指す。
詳しい材料は、有料日刊メール購読新聞にて
連日掲載中。

【8698マネックスG】 本日の終値は、516円
△29円

2018年4月3日に仮想通貨交換業者のコインチェック
を買収し完全子会社化した。
370円台で何度も掲載し今年の大発会も推奨した。
詳しい材料は、有料日刊メール購読新聞にて
連日掲載中。

【6584三桜工業】 本日の終値は、961円
△16円

『電池改革銘柄』として684円から掲載してます。
2016年末に、〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇をホンダと
開発。
リチウムイオン電池の2倍以上の容量があり充電時間
〇〇〇〇を米スタートアップと共同開発。
詳しい材料は、有料日刊メール購読新聞にて
連日掲載中。
****************************************
買値から10%の下げは、ロスカット指示。
最終判断は自己責任でお願いいたします。
いつもご利用ありがとう御座います.
株式会社 大阪総研
TEL 06-6110-0022
FAX 06-6110-0023
****************************************
noriyuki kashiwagi: info@abc-sohken.com
HomePage : https://www.abc-sohken.com
mobilepage : https://www.abc-sohken.com/i
****************************************

続きを読む
最終的な投資判断は自己責任で行っていただきますようお願いいたします。本文、データなど当社ホームページ並びにメールマガジンの内容に関する正確性、信頼性、安全性などに起因する、直接的、間接的あるいは程度を問わず、OSAKA総研およびその制作者、データ提供者、その他関係者は一切の責任、損害賠償に応じません。また、メールマガジンの本文、データなどは著作権法などの法律、規制により知的所有権が保護されており、個人の方の本来目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除く)。以上の点をご了承の上、当社ホームページ並びにメールマガジンをご利用ください。