Creation Rich on Bridge

市況解説・個別銘柄

無料メールマガジンで配信している内容をご確認いただけます。
市況の解説や翌日の注目株の情報を無料でお届けしていますので、是非ご登録ください。

2019年07月22日 更新

***************************************
こんな時に、大化け株が出ると予告!出た!
大化け株。電話相談会員募集。
次回銘柄、本日は高い。近々STOP高か?
***************************************
【有料日刊メール購読新聞】購読の募集。

有料日刊メール購読新聞の配信は、
朝の寄り付き前に、今日の相場展望。
夕方、大引け後に、明日の相場展望と注目株を
掲載。ザラ場で短期型の銘柄が出た場合のみ、
随時発表しております。

購読料は

1ヶ月    2500円(税込み)
3ヶ月    7000円(税込み)
6ヶ月    12000円(税込み) となります。
****************************************
日経平均は、21416円  ▲50円
出来高概算  9億500万株

東京株式市場、先週末の米国株安・円高を
背景に終始マイナス圏で推移。
参議院選挙の結果は、想定の範囲で株価への
影響はないが、月末の米FOMCを控え、利下げ幅
が、どの程度なのかの議論となり、本格化する
米主力企業決算や国内企業の決算を見極めたい
動きから、様子見気分が強くなりそうだ。
テーマに沿った中小型の材料株などの個別物色の
押し目短期売買で対処。空売りも一考。
***************************************
【当社一貫推奨銘柄】

【2667イメージワン】本日の終値は、679円
△6円

再度今回は5月21日481円から推奨中。
***************************************
【明日の注目株】

【6297鉱研工業】 本日の終値は、503円
△30円

国内大型工事の施工が順調で、通期営業益予想を
上方修正 。年間配当も6円から10円の可能性あり。
ボーリング機器は中国向け好調。
リニア中央新幹線の全線開業を8年前倒しして、
新幹線建設を加速。
今後の米中貿易摩擦の切り札となるレアアースを
背景に、レアアース向けのボーリング機器が
中国に引き合い殺到。
日本近海にもレアアースが相当眠っており、
掘削を行う可能性も出て来ている。
意外と4桁相場になりそうな株価倍増銘柄だ。
絶好の買い場を向かえたと予告!押し目一貫買い。
先週末の7月19日473円でも掲載推奨中。

【3323 レカム】 本日の終値は、147円
△5円

2017年末に光通信と資本業務提携。
同社子会社の株式取得昨年2月には300万株
所得。業績は良好。配当も出している。
人工知能を手掛けるAIインサイドと業務提携。
フィリピンなどの現地子会社5社を子会社化して
LEDや環境関連商品を強化していく。
6月末から、ほぼ連日掲載しておいた。

【6584三桜工】 本日の終値は、569円
△44円

2016年末に、マグネシウム2次電池をホンダと開発。
今回は、リチウムイオン電池の2倍以上の容量があり
充電時間の大幅短縮の可能性がある「全個体電池」を
米スタートアップと共同開発。年内にも試作品検証。
次世代の電気自動車バッテリーの本命とされたいる。
6月19日482円から掲載推奨し7月18日469円、
先週末19日の525円と連日の掲載。

【8946ASIAN】 本日の終値は、148円
△2円

さて、今後の動きはどうなるのか?
上海地産租賃住房建設発展次第だ。
中国関連銘柄として売られているようだ。
どこまで、下がんねん!と139円も買いに行った。
****************************************
買値から10%の下げは、ロスカット指示。
最終判断は自己責任でお願いいたします。
いつもご利用ありがとう御座います.
株式会社 大阪総研
TEL 06-6136-6399
FAX 06-6136-4677
****************************************
noriyuki kashiwagi: info@abc-sohken.com
HomePage : https://www.abc-sohken.com
mobilepage : https://www.abc-sohken.com/i
****************************************

続きを読む
最終的な投資判断は自己責任で行っていただきますようお願いいたします。本文、データなど当社ホームページ並びにメールマガジンの内容に関する正確性、信頼性、安全性などに起因する、直接的、間接的あるいは程度を問わず、OSAKA総研およびその制作者、データ提供者、その他関係者は一切の責任、損害賠償に応じません。また、メールマガジンの本文、データなどは著作権法などの法律、規制により知的所有権が保護されており、個人の方の本来目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除く)。以上の点をご了承の上、当社ホームページ並びにメールマガジンをご利用ください。