Creation Rich on Bridge

市況解説・個別銘柄

無料メールマガジンで配信している内容をご確認いただけます。
市況の解説や翌日の注目株の情報を無料でお届けしていますので、是非ご登録ください。

2018年08月17日 更新

**********************************************
【週末の一言】

一昔前、幼い息子が「目にホコリが入った」とぐずる。
母親は、洗眼薬を用意し、薬液を入れた小さな専用
カップを、目に押し当てて、上を見向かせた。
おじける息子は、目を固く閉じたままだ。
母親が「さあ、パチパチして」と促すと、息子は
まばたきではなく、手をたたき始めた。
その息子も今や、母親の背丈を抜き立派に成人した。
子育てに悩んだときは、あの時の情景を思い出し、
我が子の純粋な心を信じ抜く力を、くれたと言う。
遠い昔の宝の思い出が人生を開いてくれることがある。
私も、過去の相場で、楽しいことや苦しかったことを
思い出しながら、明日への糧にしている。
結論は「朝が来ない夜はない」ということだろう。
****************************************
日経平均は、22270円 △78円 出来高概算
11億1000万株

東京株式市場は、米中貿易協議再開から、欧米株高
を好感し、買い先行で始まる。
上海株はマイナスで推移していた。
週末のポジション調整もあり、大きく上値を買うには
材料と力不足だ。
相場は、まだまだ不安定だ。材料株の個別物色で
行きましょう。
***************************************
【明日の注目株】

【8946ASIAN】 本日の終値は、181円 △8円

2015年に230円行った第三者割引き増資を
引き受けた上海の企業が、決算を出すにあたって、
評価損を問題視しており、株価上昇志向だ。
同社は、意外とキャッシュポジションが高く、年末には
復配の可能性も出てきている。
インバウンド関連としての秘策が用意されており、
中国の富裕層を日本に引き入れるBIGイベントがある。
6月末から、大物筋が参戦して来ている。
5月14日148円で掲載。15・16・17・18日と連日掲載。
8月10日発表の中間決算も、経常利益340%増。
通期も上方修正の可能性あり。

【6625JALCO 】 本日の終値は、220円 △13円

第1四半期決算発表は、大幅黒字転換。サプライズだ。
通期経常利益は、△ 4億2000万と前期比12倍と
これもサプライズだ。また株主優待制度を発表。
1000株保有株主にQUOカードを贈呈。
貸金業が伸び、不動産賃貸業も好調。
本日、有料日刊メール購読新聞にてザラ場、メールして
置きました。8月13日172円から介入推奨中。

【9399ビート】 本日の終値は、362円 △2円

同社株を大量保有するノアコイングループは、ロンドンの
主要仮想通貨取引所に上場、1日あたり取引量で世界
第5位に位置づけられている。この辺りに、思惑が広がる。
8月9日277円からテレホンサービスで公開しておいた。
ここ連日掲載推奨中。

【3264アスコット】本日の終値は、337円
△35円

中国平安グループのファンドが株式取得し傘下に。
東京都心を中心にマンション開発や収益不動産を
手がける。中国の富豪層が好みの企業だ。
ハウステンボスが「変なホテル」を全国展開するとの
こともあり、「変なホテル」をプロジェクトマネージメンした
経緯もある。通期大幅増益企業だ。押し目注目として
7月9日343円で推奨しその後309円の安値があった。

【次回銘柄300円台の大化け株】

有料メール購読メンバー募集!
HPからお申し込みください。

【購読料】 3ヶ月 7000円(税込み)

【振込先】

りそな銀行 梅田支店 普通口座 0481155

口座名: 株式会社 大阪総研 まで
****************************************
買値から10%の下げは、ロスカット指示。
最終判断は自己責任でお願いいたします。
いつもご利用ありがとう御座います.
株式会社 大阪総研
TEL 06-6136-6399
FAX 06-6136-4677
****************************************
noriyuki kashiwagi: info@abc-sohken.com
HomePage : https://www.abc-sohken.com
mobilepage : https://www.abc-sohken.com/i
****************************************

続きを読む
最終的な投資判断は自己責任で行っていただきますようお願いいたします。本文、データなど当社ホームページ並びにメールマガジンの内容に関する正確性、信頼性、安全性などに起因する、直接的、間接的あるいは程度を問わず、OSAKA総研およびその制作者、データ提供者、その他関係者は一切の責任、損害賠償に応じません。また、メールマガジンの本文、データなどは著作権法などの法律、規制により知的所有権が保護されており、個人の方の本来目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除く)。以上の点をご了承の上、当社ホームページ並びにメールマガジンをご利用ください。