無料テレフォンサービス

毎日配信!大阪総研(OSAKA総研)の無料テレフォンサービス

**********************************************
日経平均は、22555円 △276円 出来高概算 
15億9000万株

東京株式市場、朝方は安い場面もあったが、中国株が
下げ渋る動きから、グロベックスのダウ先物が上昇し
先物に買い戻しも入って、日経平均を押し上げた。
しかし相場は、まだまだ不安定で、個別銘柄物色狙いだ。
****************************************
【明日の注目株】

【8946ASIAN】 本日の終値は、182円 △1円

5月14日148円で掲載。15・16・17・18日、
ここ連日掲載している148円から推奨の一貫推奨銘柄。

【3356テリロジー】  本日の終値は、609円 △48円

世界的規模のサイバー攻撃被害が拡大している。
官民企業など世界150カ国、20万件以上と広がっている。
サイバー撃が防犯カメラやテレビなどのIOT関連商品に
広がっても来ている。一昨年12月の7.4倍の攻撃回数だ。
自動運転などに攻撃を仕掛けられると、事故などが多発し、
大変なことになる。
同社は銀行セキュリティに強みを持ち、コインチェックの
不正アクセスにも対応。
3807フィスコ株が急騰したが、フィスコ系ネクス
グループが同社株を14.6%所得し、第二位
株主に躍り出てきた。取締役2名を派遣し、
セキュリティー製品を持つ同社とフィスコ・ネクス関連
4社でIOTなどの開発を進めている。
1月10日352円から奨めておきました。
6日7日531円から連日掲載。

【8289オリンピックG】 本日の終値は、812円 
▲59円 

テレビ放送で同社が手掛ける電池の要らない
アシストギア「フリーパワー」が材料だ。
フリーパワーは自転車部品で、ペダルを踏み込む力で
シリコーンを圧縮し、その反発力でギアを回し推進力とする
画期的なギアシステムですでに、日本、台湾、中国で特許を
取得しているおり、欧米で特許出願中とのこと。
6月18日721円で掲載済み。取り組みを注視しつつ
押し目買いだ。

【4875メディシノバ】 本日の終値は、928円 △28円

2015年NASH治療適応で、米FDAからファストトラック指定承認。
MN-001の高中性脂肪血症を伴う治験で良好な結果。
リプロファイリングの成功例は外資系が評価。

【9263ビジョナリーHD】 本日の終値は、166円 △37円

メガネスーパーを構える小売り眼鏡チェーンだ。
本日、新中期経営計画発表を好感。
某目先筋の介入が在りそうだ。深追いは禁物でしょう。

100円台の銘柄として【9424日本通信】155円から298円
短期143円幅取りに成功。
次の100円台の【5940不二サッシ】2日連日STOP高
次のターゲットは、300円台は有料日刊メール購読新聞
にて公開しました。
****************************************
買値から10%の下げは、ロスカット指示。
最終判断は自己責任でお願いいたします。
いつもご利用ありがとう御座います。
株式会社 大阪総研
TEL 06-6136-6399
FAX 06-6136-4677
****************************************
noriyuki kashiwagi: info@abc-sohken.com
HomePage : http://www.abc-sohken.com
mobilepage : http://www.abc-sohken.com/i
****************************************

テレホンサービスは毎日16時頃に更新しております。
放送内でご案内している銘柄や相場概況は日々変わりますので、欠かさずお聴きになることをお勧めいたします。
自動的に放送が再生されない場合は、字幕の下の再生ボタン(三角マーク)を押してください。

初心者の方にも安心の有料購読サービス!

「有料日刊メール購読新聞」をお申込みの購読者様には、リアルタイムな株価情報を毎日メールでお届けいたします。

  • 朝朝の寄り付き前に【本日の相場展望】
  • ザラ場中に良い銘柄が出た出た場合は【即刻売買銘柄】
  • 大引け後は【明日の展望と個別銘柄】
最終的な投資判断は自己責任で行っていただきますようお願いいたします。本文、データなど当社ホームページ並びにメールマガジンの内容に関する正確性、信頼性、安全性などに起因する、直接的、間接的あるいは程度を問わず、OSAKA総研およびその制作者、データ提供者、その他関係者は一切の責任、損害賠償に応じません。また、メールマガジンの本文、データなどは著作権法などの法律、規制により知的所有権が保護されており、個人の方の本来目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除く)。以上の点をご了承の上、当社ホームページ並びにメールマガジンをご利用ください。